Blog&column
ブログ・コラム

エアコンにカビが発生する原因と予防法

query_builder 2022/02/22
コラム
25
久しぶりにエアコンを付けたときに、カビ臭さを感じたことはありませんか?
カビは水回りに発生するイメージがありますが、実はエアコン内部にもカビが発生します。
そこで今回は、エアコンにカビが発生する原因と予防法について解説していきます。

▼エアコンにカビが発生する原因
■温度
カビが繁殖しやすい温度は、25~35℃と言われています。
春から夏にかけて室温が30℃前後になることが多いので、この時期はとくに注意が必要です。

■湿度
カビは湿度が高い場所を好みます。
エアコンの内部は冷たい空気と暖かい空気が交わるので、結露が発生しやすいのです。
これがエアコンの湿度が高くなる原因です。

■汚れやホコリ
汚れやホコリは、カビの餌になります。
エアコンをしばらく掃除しないと内部がホコリや汚れでいっぱいになり、カビが好む環境を作り出してしまうのです。

▼エアコンのカビを予防する方法
■部屋の湿度を下げる
エアコン内部の湿度を下げるには、部屋全体の湿度を下げるのが効果的です。
こまめに換気したり、除湿機を使うのもおすすめです。

■フィルターを定期的に掃除する
フィルターには、汚れやホコリが詰まっています。
これを餌にしてカビが繁殖するので、こまめにフィルターを掃除するようにしましょう。

■エアコンを使った後は送風運転をする
エアコンを使った後は、内部に結露が発生しています。
そのため、エアコンを使った後は送風運転をしてエアコン内部の湿度を下げましょう。

▼まとめ
エアコンにカビが発生する原因は、温度・湿度・汚れやホコリが関係しています。
部屋の湿度を下げたり、フィルターを定期的に掃除することでカビの発生を防ぐことができます。
エアコンの内部まできれいにしたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 電気工事の求人募集を静岡市で行ってます

    query_builder 2021/10/22
  • コンセントの増設工事の際の注意点について

    query_builder 2022/12/03
  • 転職するベストのタイミングについて

    query_builder 2022/11/01
  • エアコン用の穴開けはDIYでできるのか詳しく解説

    query_builder 2022/10/15
  • 電気工事の見積もりのチェックポイントについて徹底解説

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE